発毛剤のおすすめランキング

個人的な発毛剤のおすすめランキングを決定したいと思います。
自分がこれまでさまざまな発毛剤を使ってきた結果です。
国内の発毛剤もあれば、海外の発毛剤もありましたが、副作用や効果の面など総合的に考えてどれが一番おすすめなのかを書いていきます。


【売れ筋の発毛剤ランキング】

第一位は、やはりM-1発毛育毛ミストでしょう。文句なく圧倒的な人気のようです。国内の育毛剤ですが、完全無添加で数ヶ月放置していても腐ることがないのは、サラヴィオ化粧品の酵素技術がいかにすごいかを物語っています。私も他の発毛剤と併用で使っていますが、着実に出てくる効果を見ているかぎり、かなり信頼できるアイテムだと感じています。また、1ヶ月で効果がないなら全額返金というシステムも良心的ですね。

第二位は、フィンペシアです。飲む育毛剤で知られているプロぺシアのジェネリック医薬品です。頭頂部と生え際の双方に効果がありますが、主に抜け毛防止と考えていいでしょう。続ければ発毛もあります。安くて効果的なので人気が高く、私もお気に入りです。気をつけることは、キノリンイエローという着色料が入っていないフィンペシアを選ぶこと。こちらは国内では禁止されている発癌性を誘発する物質ですので、私なんかはアイドラッグの香港市場向けフィンペシアを使っています。こちらはキノリンイエローが入っていません。

第三位は、hattoという飲む発毛サプリメントです。フィンペシアなど飲む育毛剤もそうですが、ロゲインのような外側から塗布するタイプの発毛剤よりも、内側から働きかける錠剤タイプの発毛剤のほうがはるかに効果的です。こちらのhattoは、国内のサプリで、発毛系のサプリとしてはダントツの売上を誇ると言われています。私はhattoとダブルインパクトの両方を飲んでいます。


【強力な発毛剤ランキング】

第一位は、ザンドロックスです。こちらは効果が高く、生え際にも発毛が見られます。
第二位は、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)です。こちらは最強なほど効果が高いですが、副作用が強いです。
第三位は、スタンダードにロゲインです。最近ではリアップX5が出ましたが、安さでいけばロゲインでしょう。ジェネリックでもよければカークランドで決まりです。

ザンドロックスとミノキシジルタブレットを併用すると、かなりの確率で生えてくるんではないでしょうか。
発毛剤の組み合わせとしては、こちらがベターかと思いますが、副作用が強いので、初心者の方にはまったくおすすめできません。

発毛剤をはじめて使う、といった方には、リアップのX5かロゲインあたりをおすすめしたいと思います。
以上、個人的な発毛剤ランキングでした。参考になれば幸いです。
発毛剤や育毛剤を使う前に気をつけたいこと、それは頭皮の健康です。
頭皮が炎症を起こしていたり、赤みを帯びていたりすると、それは危険信号ですので、
すぐに刺激のある発毛剤などを使うべきではありません。

あせって発毛剤をすぐに使おうとすると、逆効果になって大変なことになりますので、
まずは地道に頭皮専用の育毛シャンプーを使い、頭皮を回復させるようにしましょう。

以下は、頭皮と抜け毛に効果的な、育毛シャンプーの私的ランキングです。

【おすすめの育毛シャンプーランキング】

第一位は、ウーマシャンプーです。馬油が頭皮に効果的なことはよく知られていますが、こちらの馬油シャンプーは、馬油のなかでも最高級でなかなか手に入らない『こうね馬油』を贅沢に使用した本格派の育毛シャンプーです。しかも、効果がなければ全額返金というメーカーの自信作なので、効果に半信半疑の方も試してみて損はないです。

第二位は、S-1無添加シャンプーです。アミノ酸系のシャンプーですが、通常のアミノ酸の効果をはるかに超えた『シルクアミノ酸』を高濃度に配合した完全無添加のシャンプーです。開発元は、育毛剤で人気No.1のM-1発毛育毛ミストをつくったサラヴィオ化粧品。ここの酵素の技術はかなり評判ですね。なにしろ腐らない。M-1もS-1も、完全無添加にもかかわらず、腐らない。目に入れても飲んでもOKという、絶対的な安全性と頭皮へのやさしさが魅力です。

第三位は、スカルプDもしくはディグニティです。広告バンバン打ってるし、実際売れているので3位なのですが、実際どうなんでしょう? 使って見ましたが、それほどよくなかったかも。ディグニティは良かったです。

生え際なら自毛植毛がおすすめ

生え際の発毛ってすっごく難しいですよね。普通のミノキシジルではまず生えません。ミノキシジルそのものが、まったく生え際の発毛を保証していないんですね。

プロペシアやフィンペシアなど、フィナステリド剤はまだ可能性がありますが、普通は、これもまた生え際の発毛は難しいです。まず無理と思っていいんじゃないでしょうか?

そこで、ザンドロックスやミノキシジルタブレットなどが考えられるのですが、これらもまた、副作用が強いという問題が出てきますので、特に後者のミノタブは却下が妥当でしょう。

そこで、昨今注目を浴びているのが、HARG療法(ハーグ療法)や、自毛植毛などです。

自毛植毛は、植毛技術の一種なのですが、欧米を中心に大変進歩しており、日本もその流れを組んで、技術が進んでいます。

だから、お金さえあるという方は自毛植毛で生え際をカバーする方法を考えたほうが無難でしょう。自毛植毛には多少のデメリットも考えられますが、一発でOKだし、不自然さが残らないのが現代の技術ですので、一考の価値はあるかと思います。

特に、ボズレー式の自毛植毛が評判いいですね。
わたしもかなり興味を持っているので一度資料請求でもしてみようかなと思っています。
自毛植毛なら、中野浩一さんのキャラクターで有名なアイランドタワークリニックや、美容整形で有名な湘南美容外科クリニックなどよりも、だんぜん、ボズレー式のウェルネス・クリニックグループがおすすめです。

ウェルネス・クリニックグループの自毛植毛例

⇒ウェルネス・クリニックグループの公式サイト

育毛剤の初心者は何を使うべきか

育毛剤を検討している方に、いきなりザンドロックスの15%やミノキシジルタブレットをおすすめすることはできません。

最低でも、ミノキシジルの5%あたりからはじめるべきではないでしょうか。たとえば、ロゲインやリアップX5やカークランドといった育毛剤がおすすめできます。

ただし、ミノキシジルの効果は頭頂部の薄毛のみですので、普通の5%くらいでは、M字や生え際の発毛は期待できないでしょう。

AGAに特有の頭頂部の薄毛を改善させるのでしたら、普通にプロペシアとロゲインでいいと思います。

フィンペシアのほうが、安いためにプロペシアより現在は人気があるようですが、フィンペシアと一言にいっても発送元が異なると、発癌性があると言われるキノリンイエローという着色料が使われていたりするので、フィンペシアを買う場合は、国内での成分鑑定済みと書いてあるところから買うようにしましょう。

安全な水を飲もう

飲料水は、化学肥料や農薬、または家畜などの糞尿が地下水に流れ込み、そこからできているものなので、多分に悪いモノの影響を受けているということができます。

東京などの大都会となるとこの傾向は顕著で、水に含まれている亜硝酸窒素には発癌性があるとして大問題になっています。

そういうわけで、体に悪い水を飲み続けないように、近くにウォーターサーバーを設置するというのは良い案ですね。

わたしもさっこく水の宅配業者を調べて、アクアクララというウォーターサーバーを設置したのですが、快適に重宝させていただいております。

ウォーターサーバーが提供するものは、現代においてすべてワンランク上質であり、特にバナジウムなどを含むミネラルウォーターは、赤ちゃんのいるご家庭でも安心してご利用いただけます。
まつげ専用の育毛剤という者が注目されています。これは、発毛剤ではありません。つまり、もともとないところから毛を生やすという意味ではないのです。よく、育毛剤と発毛剤の定義を一緒にしている場合がありますが、厳密にいえば、育毛剤はすでにある毛を育てるものであり、発毛剤はないところに毛をはやすものです。

そういう意味で、まつげの場合は育毛剤にあたるわけですが、商品名としては、まつげ美容液として呼ばれている場合が多いです。人気の商品がたくさんあり、杉本彩さんも愛用するプレミアムアイラッシュエッセンスなんかはかなり注目されているようです。ほかにも、海外セレブが愛用するリバイタラッシュなどは、世界のシェアでNo.1と言われるだけあって、本格派のまつげ美容液となっています。1週間でフサフサになるといった口コミの事例がたくさんありますので、かなり使えるアイテムと言えますよね。

ほかにも人気の商品がラインナップしていますので、まつげ美容液の人気ランキングなどを参考にするといいでしょう。さまざまな良い商品が見つかると思いますよ。